日本語版 |  English

戸田みどり/日本画家

作品:Living Waters
----------

“生ける水 Living Waters”

 その湧水は喜び踊りながら流れ出で、行くところどこにでも命が芽生え、あらゆる生物が豊かに育つ。私たちの心にも、その水は命の水となって湧き上がり、人々の心を潤し世界中に平和が訪れる。

 そんな願いを込めながら、私は「生ける水」を描いてきましたが、東日本大震災による原発事故は、一瞬にしてその水、美しい自然、人々の生活を奪ってしまいました。

 放射能が降り注いだ浪江町(福島)にある牧場を訪ね、汚染された330頭の牛を国の命令に逆らって、殺処分せず、えさを与え飼い続ける吉沢正己さんとお会いしたのは2015年。

 それ以来「見捨てられた牛」と題して、その過酷な環境の中で生きる牛たちを描き続けてきました。

 私は「生ける水」が美しい世界を取り戻す日の来ることを祈りながら描き続けています。